24/09/2018

Veling社の777リース問題から学んだ教訓

過去2年間、モーリシャスの航空機レッサーでアセットマネージャーでもあるVeling社は厳しい状況に置かれていた。しかし、2018年9月11日、ワイドボディ機のレッサーである同社は、アズマン・エア社(ナイジェリアの小規模な航空会社)に対して起こした裁判で勝利した。裁判は、アズマン・エア社が2016年半ばに契約を締結した中古のB777-200ER(2機)の納入を受け入れなかったため、Veling社が起こしたものである。判決は、アズマン・エア社に対し、損害賠償2,200万ドルをVeling社に支払うよう言い渡した。しかし、過去4件のリース問題によって、Veling社は契約によるリース収入を失っただけでなく、航空機2機のリース先が決まらない状況に陥った。9月現在、そのうちの1機はリース先がまだ見つからないため、売却が検討されている。今回のケースはVeling社のリース契約条項を検証する機会となり、レッシーの信用度および特定の航空機への需要に対する戒めとなった。いったい何が起きたのだろうか?

More related insights:

US aircraft lessor ACG gains traction with ECA-like product

Ishka examines ACG’s private aviation finance guarantee programme, AFS. more

13/12/2018

in Aircraft Asset Profiles , Aircraft Finance Market

Anatomy of a deal: Korean pension fund buys into ANA B777 mezz debt

Detailed market intelligence on lease rates, loans, and asset values, from Ishka. more

10/12/2018

in Aircraft Asset Profiles , Lessors and Lease Rates , Investor Education , Aircraft Finance Market

Ishka research update: Nepal Airlines struggles with $233m cost of new A330s

Detailed market intelligence on lease rates, loans, and asset values, from Ishka. more

04/12/2018

in Aircraft Asset Profiles , Airline Profiles , Aircraft Finance Market

Comments:

Sign in to post a comment. If you don't have an account register here.